天 主 堂 石 垣 に 生 ふ ゆ き の し た

てんしゅどう いしがきに おうゆきのした

天草の崎津集落にある、崎津天主堂。

素朴で懐かしい外観もステキながら、畳敷きの教会として知れ渡っています。

裏の石垣には、日陰を好む、いかにも遠慮深い風情ながら実は繁殖力旺盛なユキノシタが隙間を埋め尽くしています。

この句も読まれています。

秋 が 追 ふ 疎 水 の 流 れ 速 け れ ば... あきがおう そすいのながれ はやければ 灌漑、取水のために造られた水路です。 山からの水は、昨日一昨日の雨のせいか、思った以上に多く、その分流れが急で、驚くほどです。 子どもなら足を取られてしまいそうです。 これから秋が深まれば、田圃は次第に水を落とし、稲刈りに備えることでしょう。 台風が来なけれ...
蚊遣香 雨の雫の 来ぬ先へ 縁側まで雨が烈しい。 雨のかからぬぎりぎりのところに、蚊取線香を置く。 金鳥がいい。
里山に けもの道あり 梅白し 四王寺山には、頂上まで、バスが行きます。 大きなりっぱな道路が出来ていて、いやになります。 ところが、細い道を見つけたのです。 ふもとの、池の淵からぐるっとまわると、その道に入れます。 誰にも教えない。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
三 代 目 見 よ う 見 ま ね の 吊 る し 切 り... さんだいめ みようみまねの つるしぎり アンコウの吊るし切り。 激しく押しつぶされたような顔。 深海魚。 黒褐色。 下あごが突き出した受け口状の大きな口に小魚を誘い込んで食べます。 筋肉が締まってないので、調理のときは、アゴに通した縄で吊るし、多量の水を胃の中に注ぎ、特別の包丁さばきで切...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください