大 楠 の 淑 気 極 ま り 去 年 を 捨 つ

おおくすの しゅくききわまり こぞをすつ

古い神社には、造られた当時に植えたクスの大木がかならずあります。

九州では、クスでなければなりません。

新年の大クスは、空気を清浄にし凛とさせます。

年があらたまったことをアタマに叩き込まれたような気分になります。

この句も読まれています。

七福の お一人だけでも お立ち寄り... 贅沢は言いません。 安泰に暮らしたいだけなのです。 七福神のひとりでいい。 それも短期の滞在でいい。
山笑う 大方の(おおかたの)ことは やり過ごし... いろいろある。 ある本で、読んだこたですが、頭の中に、 シチューなどの煮込み料理をする煮込み鍋をセットしておくことが大事。 解決のつかないこと、時間を要すること、 急いで結論を出さない方が、きっとうまくいくと思われることなどを その鍋に放り込んでおくと、いつの間にか、 いくべきところに行く、導かれる...
葱坊主(ねぎぼうず) 数多の(あまたの)花に 押されおり... 春の畑は賑やか。 豆の花が咲き、スイートピーが色鮮やか、矢車草それから なにやら名前知らないかわいらしい花々、 一番地味な葱坊主は、どうも立場が悪い。 アタマのてっぺんを、くるくる坊主にして、 咲き乱れる花の隅で、小さくなっている。...
曳 舟 の 糸 引 く ご と し 秋 関 門 関門海峡。 あれだけ広いのに、大きな船が通るので、操舵はむずかしいとか。 故障なのか、小さな船がさらに小さな船を引っ張って行く。 空は青く、海も碧。 波は静か。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください