大 楠 の 淑 気 極 ま り 去 年 を 捨 つ

おおくすの しゅくききわまり こぞをすつ

古い神社には、造られた当時に植えたクスの大木がかならずあります。

九州では、クスでなければなりません。

新年の大クスは、空気を清浄にし凛とさせます。

年があらたまったことをアタマに叩き込まれたような気分になります。

この句も読まれています。

亡 骸 を 覆 ふ に 足 る る 椿 欲 し なきがらを おおうにたるる つばきほし 今年は椿がよく咲いているようです。 花にも当たり年とそうでない年があるようです。 ほんのすぐそこに、花の季節が来ているというのに、待てずに逝った貴方に、いま盛りの椿の花をあげたいと思うのです。 くびから落ちるからとのことで、忌みきらわれているとは聞きますが、...
猪 怖 し 猪 と 間 違 ふ 人 怖 し ししこわし ししとまちがう ひとこわし この頃は、都会のあちこちで、イノシシが暴れ、たいへんな捕物帳が行われていると聞きます。 ひと昔前には、山でイノシシ退治の猟師が、間違えて仲間を撃つ事件が多発したこともありました。 彼らが一線を退いて、今ではハンター不足が問題とされているとのこと。 日替...
木 の 芽 山 待 た せ て 単 線 一 両 車... このめやま またせてたんせん いちりょうしゃ 日田彦山線。 一時間に一本。 湧き水があり、花があり、退屈することはなかったけれど、遠くから来る列車の姿を見たときには、さすがにほっとしました。 それも一両。 軌道の何がちがうのかわからないのですが、あれほどがたがた音を立てて揺れる電車は珍しいと思いま...
闊 歩 す る 眼 光 増 し て 羽 抜 鳥 夏を迎えて、羽の抜けたにわとりなどを、羽抜け鳥というらしい。 冬の間の、ふさふさの時には、見えなかったものが見える。 まず、意外と高く脚を挙げて歩くこと。 あの脚の動きと、首の動きの連動の無さ、ぎこちなさは変わらない。 毛が抜けたせいか、眼が鋭い。 とさかが大きく見える。 見た目はかなりお粗末ながら...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください