大 楠 の 淑 気 極 ま り 去 年 を 捨 つ

おおくすの しゅくききわまり こぞをすつ

古い神社には、造られた当時に植えたクスの大木がかならずあります。

九州では、クスでなければなりません。

新年の大クスは、空気を清浄にし凛とさせます。

年があらたまったことをアタマに叩き込まれたような気分になります。

この句も読まれています。

.いわし雲 胃ろうやむなし 便りする... n難病の母が、リハビリを頑張らないと、胃にパイプを通すと医者に言われたらしい。そうならないよう、リハビリをするように、言い聞かせてくれと、手紙が来た。おそらく胃ろうのことだと思う。パイプなどと、なんて医者だ。難病をかかえた患者を脅かすようなことを言うものではない。胃に穴を開けて、高栄養のリキットを直...
霧一枚 晴れても里は 霧の中 深い霧は、幾重にも降りた霧に包まれたよう。 一枚や二枚の霧が晴れたところで、真髄はまだしっぽりと里を包み込んで 微動だにしない。...
隠 し 味 あ れ や こ れ や と 木 の 芽 和... かくしあじ あれもこれもと このめあえ 「木の芽」サンショウの芽のこと。 やわらかいサンショウの芽をすり鉢ですり、ミソと砂糖を加えます。 好みによりますが、白味噌のほうが素材が引き立つとも聞きます。 これで、イカやタケノコを和えるのですが、お年寄りはさらに、味見をしながら、なんやかんやとほん...
立 葵 言 は れ る が ま ま 咲 き 登 り... たちあおい いわれるがまま さきのぼり なんとも屈託のない昭和の花といった風情の花です。 梅雨時の花として語りつがれ、1mくらいの高さで、直立しており、下から上へと順序良く花が咲いていくきます。 色はさまざまで、ピンクや赤、真紅など華やかです。 紫系やオレンジ系はないようです。 てっぺんまで咲くと...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください