大 岩 に 色 変 へ ぬ 松 名 護 屋 城

おおいわに いろかえぬまつ なごやじょう

中国、朝鮮半島をもくろんだ秀吉は、この唐津の端の海沿いに名護屋城を築いて、出兵基地とし、戦いに行ったものです。

石垣というほど、丁寧な造りではなく、山から出してきた大岩をうまく組み合わせたようなざっくりとした石山です。

後になってみれば、大きな判断ミスでしょう。

これはそれまでの、日本と朝鮮の、長い交流を遮断しました。

城と全国の大名の陣屋は、考えられないほど広大です。

今に至ってもなお傷を残すとは、当時の誰も思いもしなかったことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください