夕 陽 浴 び 欅 ( けやき ) 紅 葉 の 降 り しき る

Japanese zelkova / Zelkova serrata / 欅(ケヤキ)
Japanese zelkova / Zelkova serrata / 欅(ケヤキ) / TANAKA Juuyoh (田中十洋)

大木である。秋の夕暮れ太陽の最後の力を浴び、いちだんと大きく見える。小高い丘から、色づいた葉を落とす姿は見ていて、時間が経つのを忘れるほど感動的である。この瞬間を目にすることができた幸せ、今日の幸せ。

この句も読まれています。

豪 雨 な り 濡 れ 鼠 な り 喜 雨 で あ り... ごううなり ぬれねずみなり きうであり とつぜんの雷鳴。 予期せぬ豪雨、にわか雨とはレベルがちがいます。 ずぶ濡れになりました。 このところ日照り続きで、ダムは底水を残すのみとなり、から梅雨が心配されていたので、樹々も、植えられたばかりの稲も顔を天に向けて喜んでいることと思います。...
新酒(しんざけ)の 樽の青さの 味もして... 新酒会、底冷えの朝も、この日ばかりは気にならず。 五種類も呑まないうちに、味は混ざってしまう。 地鶏のご飯を食べながら、酒蔵の煙突を見上げる。 筑後川の水、豊穣の土地に育った米で造られた酒。 いまここにいる幸せ。...
たっ ぷ り の だ ご 汁 オ ー バ ー 脱 が せ お り... たっぷりの だごじるおーばー ぬがせおり だご汁。 大分県名物。 具だくさんの味噌汁に、小麦粉を練っただけの歯ごたえのあるものが、形は適当に入っているだけのものです。 寒い中で食べると、お腹の底から温まり、ダゴのせいか、満腹感あり。 ファンも多いようです。 戦時中はこればっかりだったと、...
朧 (おぼろ) の 夜 遭 う ( あう ) 人 の あ り 去 る 人 の あ り... ”朦朦朧朧隱隱約約” / 寧 Serenity / SML.20130203.EOSM.01610 / See-ming Lee 李思明 SML いつ誰に遭うのか、思いもかけない別れがくるのか、誰も知らない。つい最近といっても、2ヶ月半くらい前、残念な別れがあった。もっと話したかったのに、穏やかで...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください