夏 痩 せ や 鎖 骨 浮 い た り 沈 ん だ り

なつやせや さこつういたり しずんだり

今まで夏痩せなんてしたことなかったのに、どうも調子が悪くて。

自分ではダイエット成功と思っていたのですが、「やつれた。老けた」と言われて、がっくりです。

痩せるときは顔から。

太るときはウエストから。

年齢のせいで、ある程度の体重を維持してないと、動けなくなるし、気分もふさぎがちになることを自覚しました。

したがってダイエットはあきらめました。

この句も読まれています。

霜 月 の 我 が も の と せ り 満 々 月... しもつきの わがものとせり ままんげつ 天体のこと、さっぱりわからないのですが、今年の11月14日の月は、満月の中でも特に大きかったとか。 理屈は、いろいろ聞いたけれど、よくわからなかった。 ただ月は、それぞれの人のもの。 自分のために輝いていると確信します。...
大 試 験 心 意 気 な り 大 増 便 だいしけん こころいきなり だいぞうびん 大試験、おかしな言葉ですが、冬の季語です。 今で言うセンター試験や、それに続く二次試験のことでしょうか。 バスはもちろんのこと、JRまで、普通なら停まらない電車を、最寄りの駅に止めたり増発したり、人生の岐路に立つ受験生を応援しています。 「そんなことで、人...
文部省 唱歌を歌い 茄子の花 春のうららの隅田川 我は海の子白波の 甍の波と~ 茄子の花は、その花の淡い紫の色と、茄子の深い深い紺紫の色のせいか、 古い唱歌を思い出す。 今はもう、教科書から消えていると聞く、名曲の数々。...
蛇 泳 ぐ 鴎 外 橋 の た も と よ り へびおよぐ おうがいばしの たもとより 北九州市、井筒屋のウラ、紫川にかかる橋、ここは鴎外橋と名前が付いています。 その昔、鴎外が小倉に赴任したためでしょうか。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください