夏 夕 焼 終 わ り ひ と 刷 毛 沼 に 落 つ

なつゆやけ おわりひとはけ ぬまにおつ

西の空を赤く青く紫に染めて、山の稜線を彩った夏の夕焼けも、そろそろ終わりを迎え、しだいに薄く小さく、そして遅い日暮れが迫ります。

最後の一瞬を見たいとしばらくたたずみ、沼のようなため池の向こうに沈んでいくのを見ることができました。

この句も読まれています。

ダムの底 水の話を 誰が聞く あたしはよくしゃべる。みんな明るくておしゃべりだと信じてる。実は違うのです。この人にこの話のこの部分をこの程度こんな風にしゃべれば、受けるだろうと、いろいろ考えてしゃべるのです。気が強くて、言いたい放題だと誰しもが思っています。でも聞き役のことがほとんどです。練り上げて作り上げた話をしても、世間が言...
盆 梅 に 裏 と 表 の あ る と 知 り IMG_0164_1 / t.shigesa 別になんということもない。盆栽の白梅はもう満開で、ごつごつした年季の入った幹も、花と同様みごと。ただ、ひとに見せたい方向があるらしい。裏からではだめらしい。なるほどって感じもする。...
椰 子 の 実 に 芽 の 出 づ 芒 種 雨 宿 り... やしのみに めのいずぼうしゅ あまやどり ぼうしゅ。 若葉の季節を過ぎ、梅雨に入るころから、夏至にかけての時季を言います。 いろいろな作物や草木のタネや苗を植えるにいい時季という意味だそうです。 どうやって手に入れたやら、枯れたような色のヤシの実から小さな芽が出ています。 「名も知らぬ遠き...
夏 帽 子 被 れ ば 見 事 五 頭 身 Wonderful West Wittering - June 2011 - Mature Couple Candid / gareth1953 New Profile 日焼けは怖い。まして今年は、紫外線の量が半端ないという。ひさしの大きい、UVカットのサンバイザーを、迷わず買った。これでたぶん大...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください