夏 夕 焼 終 わ り ひ と 刷 毛 沼 に 落 つ

なつゆやけ おわりひとはけ ぬまにおつ

西の空を赤く青く紫に染めて、山の稜線を彩った夏の夕焼けも、そろそろ終わりを迎え、しだいに薄く小さく、そして遅い日暮れが迫ります。

最後の一瞬を見たいとしばらくたたずみ、沼のようなため池の向こうに沈んでいくのを見ることができました。

この句も読まれています。

闊 歩 す る 眼 光 増 し て 羽 抜 鳥 夏を迎えて、羽の抜けたにわとりなどを、羽抜け鳥というらしい。 冬の間の、ふさふさの時には、見えなかったものが見える。 まず、意外と高く脚を挙げて歩くこと。 あの脚の動きと、首の動きの連動の無さ、ぎこちなさは変わらない。 毛が抜けたせいか、眼が鋭い。 とさかが大きく見える。 見た目はかなりお粗末ながら...
迷わずと 遠慮もせずと 牡丹(ぼたん)の芽... Vår (pionknoppar) / Bochum1805 紅い色の芽を出す牡丹。出始めから、太い茎、そしてまっすぐ。決して可愛いものではない。立派な花を咲かせるために、毎年そうしているように。あるところまでくると、色は緑に変わり、わっと葉が出て横に広がる。自信があってとてもいい。...
あ れ や こ れ 想 い 散 ら か し 秋 日 和... いい気候になって、とてもうれしいのだけれど、相変わらずこざこざと、次から次に煩わしいことの連発。 いいと思ったことは、それほどいいこともなく、最高と思ったことは、最悪へのスタートラインだったり、眠れないほどの心配ごとは、時が移れば、何とは無しに落ち着いてきたり、ぜったい揺るがないと長く信じた人は、思...
紫陽花や 紫の又 紫の奥 わたしは深い藍紫の紫陽花が好きです。 ありそうでなかなかこれっという色が見つからないものです。 深い深い紫色の紫陽花は、小さめの花瓶にぽくっと首だけさしてもいいものです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください