夏 夕 焼 終 わ り ひ と 刷 毛 沼 に 落 つ

なつゆやけ おわりひとはけ ぬまにおつ

西の空を赤く青く紫に染めて、山の稜線を彩った夏の夕焼けも、そろそろ終わりを迎え、しだいに薄く小さく、そして遅い日暮れが迫ります。

最後の一瞬を見たいとしばらくたたずみ、沼のようなため池の向こうに沈んでいくのを見ることができました。

この句も読まれています。

亀 鳴 い て 祝 儀 袋 は 連 名 に かめないて しゅうぎぶくろは れんめいに お見舞いの熨斗袋に、連名で書けとわたしに言うかな。 ボールペンというわけにもいかず、筆ペンを持ち出してはみたものの、生来の悪筆はさらにきわまり、これはなんだという仕上がりに。 亀はむかしから鳴くと言われているらしいけれど、亀には鳴く器官がないらしい。 春の...
行き着けば また同じ橋 春の夢 Dream Bunny 1 / Rohit Chhiber うつらうつらと気分のいい夢 ばかりではなかった。行っても 行ってもおんなじところに戻っ てしまい、焦ること焦ること。 おかしな夢を見るものだわ。...
雨 降 り て 睡 蓮 永 劫 定 ま り ぬ water lily / Crystalline Radical しょうしょうと降る雨のなか池や沼地の睡蓮を 見ることが好きです。 やまない雨、時が止まったように感じるのです。 変わることのない安定感があります。 明るくなくていいのです。 色とりどりでなくていいのです。...
競 う 道 知 ら ぬ 天 使 の 運 動 会 きそうみち しらぬてんしの うんどうかい 幼稚園も面白いけれど、保育園の運動会はそれはそれは楽しいものです。 そもそも何をやらされているのか、理解してない無垢の幼児。 どこが終わりか、さっぱり理解してなくて。 元気に育て、優しく育て。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください