夏 の 月 広 島 に 石 橋 の 無 く

なつのつき ひろしまに いしばしのなく

広島は川の街です。

太田川はもちろん、その支流やその他元安川、天満川など、もともと三角州に出来たとされる広島の特徴でしょうか。

それぞれに多くの橋が架かっています。

原爆のせいで、古い橋はありません。

情緒のある橋も少ない気がします。

石橋も造られたのかもしれませんが、わたしは見たことがありません。

アジも素っ気もない鉄骨の橋が多いです。

この句も読まれています。

春寒し 坊主の読経は 耳入らず 最近のお寺は立派なものです。広すぎる部屋に、数人の法事では、なんか申し訳なく思います。 おかげで、ちっとも暖まらない。 数珠を持って、震えながら、終わるのを待っています。 終われ終われと思うと、お経は長い。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
鳳仙花(ほうせんか) 弾く(はじく)を待てず 道の端(はた)... あのはじけ方は、癖になる。 咲いてもそれほどぱっとしないけど、 鳳仙花は好きな花です。 中島みゆきの唄のせいかもしれない。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
早緑(さみどりの) おろし大根 春兆す(きざす)... 大根おろしが少し緑かかって春の色。 産直の大根はすこし細くていびつだけ れど、それだからおろしやすい。八百 屋ではグリンピースが出始めた。...
水落とし 時待つ稲穂の 黄金色(こがねいろ)... 稲刈りの少し前になると、田んぼの水は抜かれ、稲はそれを知ったように 稲刈りの日を待つ。稲穂は垂れ、今年も豊作か。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください