夏 草 や 売 れ 残 り た る 別 荘 地

なつくさや うれのこりたる べっそうち

景気のいい時代に整備された、大掛かりな別荘地。

すぐに売れはしたらしい。

ただ時代は変わり、別荘を建てる人は、大きく減り、

温泉の権利付きとはいえ、とても別荘を建てられる高級層は、

大きく減り、売ろうとしても、買ったときの値を大幅に下回る始末。

温暖化が進むと聞いて、山の斜面で、夏を涼しく過ごせるかと考えて、購入したはずが、読みを誤ってため息ばかり。

あんまり欲をかくと、人生はうまくいかない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください