夏 燕 水 辺 す れ す れ 編 隊 飛 行

なつつばめ みずべすれすれ へんたいひこう

春を過ぎたころ、巣をつくるツバメを夏ツバメと言うそうです。

かなりの高速で飛び回り、エサを運びます。

池や湖すれすれに飛ぶ姿は、勇猛果敢。

子どもも必死でついていきます。

ひとり立ちも近いのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください