坑 道 も 事 故 も 万 緑 押 し 隠 し

こうどうも じこもばんりょく おしかくし

炭鉱が盛んなころ、事故も多かった。

炭塵爆発の末、火災が発生し、多くの人が亡くなったり、一酸化中毒に苦しんだ。

家族も。

問題は山積のまま、ときが経ち、

石炭産業は衰退し、やがて人々の記憶からも消えていった。

ただ遺構だけが残り、緑の中に、その風化して、錆びついた姿をわずかに見せる。

運命って、自分の努力では、どうにもならないのかと、あらためて思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください