地には我 空に雁行く 束でも一羽

いまわたしはひとり、ここにいる。
空には雁が、群れをなして渡っていく。
それはただ集まって飛んでいくだけ。
一羽一羽の集まり、一羽が脱落したからって、仲間が助けるわけでもなかろう。
人間といっしょ、所詮ひとり、所詮一羽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください