土 匂 ふ 中 だ る み し て 春 の 畝

つちにおう なかだるみして はるのうね

春が来ました。

ネコのひたいほどの棚田にも。

耕運機など入れない狭い土地ですから、すべてが人力です。

高いところから見ると、真ん中あたりで、ちょっとゆがんで見えます。

あぜの形に合わせてのことかもしれません。

ほのぼのとする棚田の春です。

この句も読まれています。

山 風 の 吹 き 来 し 石 榴 実 を 割 か つ... やまかぜの ふきこしざくろ みをわかつ 石榴は、小さな固い実を付けてからが長いのです。 夏の猛暑から、秋口の残暑を経ても、なお固いまま。 秋になり、山から「おろし」と呼ばれる冷たい風が吹き降りてくる頃、ようやくかっぱりと割れます。...
日 脚 ( ひあし ) 伸 ぶ 耳 の 掃 除 の 手 元 ま で... 社長の耳掃除 / sawamur 陽の当たる縁側で、耳を外に向けて、光を頼りに、耳掃除。わたしは、なかなか上手だと思う。ただし、徹底的、耳かきとピンセットも使う。膝の上ではない。座布団の上。アタマをぐいぐい回されながら、「よし、終わり」と言われるまで、動いてはいけない。...
文 机 も 畳 も 日 脚 一 直 線 ふづくえも たたみもひあし いっちょくせん 春のおとづれ。 日脚が伸びて、こんな風に直線なんだと妙に感心したりすることがあります。 狭い部屋の真ん中を通り越してふすまを縦に日差しが登ります。...
前 々 の 人 先 達 に 盆 踊 り nishimonai bon odori/西馬音内盆踊り / Yuki Yaginuma 入れと言われて、踊りの輪に 入ったけれど、どうにも自信 がない。上手そうな人を物色 して、勝手に先生にして、真 似して踊るしかない。たかが 盆踊りと侮るでない。中学生 の頃、地域の夏祭りで、盆踊 りがあり、日...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください