土 匂 ふ 中 だ る み し て 春 の 畝

つちにおう なかだるみして はるのうね

春が来ました。

ネコのひたいほどの棚田にも。

耕運機など入れない狭い土地ですから、すべてが人力です。

高いところから見ると、真ん中あたりで、ちょっとゆがんで見えます。

あぜの形に合わせてのことかもしれません。

ほのぼのとする棚田の春です。

この句も読まれています。

来 世 に は 白 魚 に な る 夢 を 見 る... べつにいいじゃない。 白魚なら。 いろいろ食べるけど、活きたままってね。
銀杏紅葉(イチョウもみじ) 集まるところは 決めており... 昨夜は嵐のように雨風が吹き荒れて、今朝は一面の落葉が雨に打たれている。 よく見ると、うちの玄関の真ん前に、バケツをひっくり返したように、こんもりと。いつもそう。 風向きが同んなじなのかな。 狭いとこで、いつも同じように風が回るのかな。 iPhoneからの投稿...
七夕に らっきょの皮むく 目も沁みる(しみる)... 今日は七夕、残念ながら曇り空、といってもあたしはめったに星空なんか見上げない。なんか地面ばっかり見てる気がする。スーパーで袋入り、泥付きのらっきょをみつけた。らっきょうの酢というのもあった。これに漬け込めばまちがいないのだろう。便利なもんだ。さて洗って洗って、なんせ小さくて泥付きだから、何回洗っても...
紫 は 都 忘 れ の 矜 持 な り むらさきは みやこわすれの きょうじなり もともと都忘れはむらさきであったはず。 品種改良で、最近はピンクや白っぽいものも出回っているようですが、都忘れは、紫でなければその高貴ないわれを説明できないのです。 むらさき、それもできれば深い紫であってほしいものです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください