土 匂 ふ 中 だ る み し て 春 の 畝

つちにおう なかだるみして はるのうね

春が来ました。

ネコのひたいほどの棚田にも。

耕運機など入れない狭い土地ですから、すべてが人力です。

高いところから見ると、真ん中あたりで、ちょっとゆがんで見えます。

あぜの形に合わせてのことかもしれません。

ほのぼのとする棚田の春です。

この句も読まれています。

朧月夜に千鳥足 ただひとときの くちづけを... 春は春、朧月夜も長い日も、あえて春に酔いたいと思う。ふらふらと街にくりだし、また川沿いを歩き、一年に一回くら い紫色の夢を見てもいいと思う。...
合 流 の 川 は 冬 霧 前 川 町 ごうりゅうの かわはふゆぎり まえかわちょう 宇美川と多々良川。 三角州のようなところに、わたしの家、正確には官舎はありました。 何故にこうもしつこいのかと我ながら呆れます。 卒業できていない。 親の愛情を知らずに育った人間の、業なのか煩悩か、ただの病気か。...
盆の雨 天涯橋の 袖濡らし お盆にはあの世の人が帰ってくるという。わたしは宗教とは縁のない人間で、墓参りもしない。てんがい橋なんて、変な名前。天涯孤独な人も、盆には帰ってくるんだろうか。...
古書店に 廃墟の隧道(ずいどう) 春の雨... 古本屋で、もう使われてない、でも今も存在している、昔の道や、トンネルの写真集を、見つけて 迷わず買いました。 由緒ある道や、煉瓦造りのトンネル、幅が狭く現在は使えないのでしょうが、しっかりした印象です。 説明にも、強固と、書いてあります。 それに、わたしは、隧道という言葉が大好きです。 トンネルでは...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください