ひ と り 飯 な に や ら 嬉 し 春 深 し

ひとりめし なにやらうれし はるふかし

誰にも等しく季節は変わります。

そして誰も彼もその環境や事情は、長い時間をかけながらも、確実に変わります。

団欒が当たり前だったころ、孤食が快適だったころ、いずれたまらない寂しさに負けそうになるときもくると聞きますが、季節は巡り、花は咲きます。

抗わずに生きてみよう。

こんなときの努力は、アダになったりムダになったりしがちですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください