喜 雨 で あ れ 列 島 縦 断 緑 な れ

きうであれ れっとうじゅうだん みどりなれ

迎え梅雨というにもまだ早いのですが、今日明日は九州から東北まで強い雨が西から東へ走るという予報です。

しばらく雨のなかった大地は、からからに乾いており、これで息を吹き返すと思われます。

山も平地も、緑はいちだんとみずみずしく、直ぐそこに迫った田植えも順調にいくかと、お米好きのわたしはほっとしております。

この句も読まれています。

秋 の 空 サ ー カ ス の 唄 ア コ ー デ ィ オ ン... あきのそら サーカスのうた あこーでぃおん 小学校の低学年。 遠足は、春は武蔵寺で、藤の花、秋はいろいろ、三月のサヨナラ遠足は太宰府園の遊園地。 お決まりでした。 いくつもの鳥居を通り、最後の鳥居の手前で、当時、傷痍軍人と呼ばれた、もうその時ですら、戦争から二十年近く経っていたと計算するので...
黄落は 降り余る輝き 悦楽の 銀杏やプラタナス、黄色い葉が次から次へまるで黄金の雪のように降りそそぎ、散り敷く様を黄落というらしい。並木道のように、同じ種類の落葉樹が並びいっせいに紅葉し、散り行く様はあるようでない、見られるようでめったに見られないもの。大宰府の四王寺山の古い登山道、狭い道ながら紅葉の季節は格別。わたしはあまりど...
玄 関 に 選 挙 依 頼 の 淡 竹 あ り げんかんに せんきょいらいの はちくあり 新聞紙にくるんで、はちくの束が置いてあります。 あの人でしょう。 この時期ですから。 筍の季節が終わり、今はこれかと改めて気づきました。...
電飾に 並木は泣いて くりすます LEDになって、だいぶ楽になっただろうか。わたしはむかしから クリスマスのイルミネーションが気になってしかたがない。 巻きつけられて留められて、大きな迷惑だろう。 クリスマスはろうそくがあればいい。むしろその方が意義があるような 気がしてならない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください