吊 る し 柿 長 き 縁 側 長 き 竿

つるしがき ながきえんがわ ながきさお

売るわけではないから、柿スダレのように、縦に長く、立派なものを作る必要はなく、家族が食べればいいのです。

むかしは縁側に一個づつ横にずらりと、干し柿が並んでいて、学校から帰ると、一個づつおやつになっていました。

それを縁側に座って、足をぶらぶらさせながら、トサカのような真っ赤なグロテスクなケイトウを見ながら、食べたものでした。

家にはかならず縁側があって、粗末な借家にも、粗末な縁側はあって、たわんだ洗濯物干しの竹竿は、とにかく長く感じたものです。

縁側には、なぜかきまって足踏みミシンがありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください