口 蹄 疫 宝 の 牛 の 碑 に 炎 天

こうていえき たからのうしの ひにえんてん

平成22年4月に韓国からの訪日客によりもたらされた、牛の病気宮崎県の口蹄疫の災難から、10年が経ちました。

29万8千頭の、牛の命が絶たれました。

最後に、隔離してまで守ろうとした、種牛5頭も感染し、泣く泣く処分されました。

当時は民主党政権でした。

農水大臣の赤松広隆は、口蹄疫を軽視し、最中であるにもかかわらず、キューバに外遊。

いまだに「赤松口蹄役」と呼ばれています。

酪農家の悔しさ無念、殺された牛のことを思い、記念碑が建てられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください