原 爆 忌 サ イ レ ン は 降 る あ の 日 よ り

げんばくき さいれんはふる あのひより

原爆の日のあの時刻に鳴り渡るサイレンは、ぼうだの涙が落ちる音。

痛いと言う人、熱いと言う人、水と言う人、その後の長い人生を苦労苦労で送るしかなかった、幾万の人々の哀しみが降り注ぐなみだのように、長い年月を経てもなお、どんな弔辞よりこころ打つものだとわたしは思います。

この句も読まれています。

惜しんでも 行く春のあり 去る人のあり... h春はゆく。季節は変わる。人もそう。なんだかあたしのまわりからは人が消える気がする。
ひと雨の 激しく降りて 寒明ける... 冬の冷たい雨とは、すこし違う。 バシャバシャ降る雨は、春の匂いがする。 樹々には、恵みの雨か。 また芽吹きに拍車がかかる。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
未練もて 我雪女郎(ゆきおんな)と なりし夜... 忘れてしまえと思いながら、忘れられない夜。 静かな、長い冬の夜、わたしは雪女になっているのかもしれない。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
海 棠 に 身 も 世 も 捨 て し 雨 の 降 る... かいどうに みもよもすてし あめのふる カイドウ。 原産は中国で、薄紅色のつややかな花は、東洋の名花と言われます。 「ねむり花」や「ねむれる花」とも呼ばれるそうですが、唐の時代、玄宗皇帝が、楊貴妃の眠たげなようすを「カイドウのねむりいまだ足らず」と言ったとの故事から来たそうです。 うつむき加...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください