原 爆 忌 サ イ レ ン は 降 る あ の 日 よ り

げんばくき さいれんはふる あのひより

原爆の日のあの時刻に鳴り渡るサイレンは、ぼうだの涙が落ちる音。

痛いと言う人、熱いと言う人、水と言う人、その後の長い人生を苦労苦労で送るしかなかった、幾万の人々の哀しみが降り注ぐなみだのように、長い年月を経てもなお、どんな弔辞よりこころ打つものだとわたしは思います。

この句も読まれています。

三 味 (しゃみ) の 棹 (さお) 空 に 掲 げ て 秋 祭 り... Playing on Samisen, Yokin and Kokin / ookami_dou 先頭は三味線舞台。衿を抜いた着物に 結い上げた髪。色気たっぷりが、自信 たっぷりにバチを打ちながら進む。よ うやく取り戻した感の秋の空。高く高 く、青く青く何処までも。...
宿題を 後回しにして ほととぎす いろいろと懸案事項の多いこと。なるようになるさとうそぶきながら、ややもすると鬱っぽい。 まあでも、ほととぎすが硬い蕾をようやく解きかけた。一年でいちばん素敵なこの時季、この日を とにかくちょっと堪能しようと思う。...
悔やみ来て 薄暮の空を 仰ぎ見る 人生って、大きな間違いをしてしまうと、 それはもう、取り返しがつかない。 人生は何度でもやり直せるなんて、真っ赤なウソ。 それから先の人生は、後始末に生きるようなもの。 いまさら言ってもしょうがないことは、もう 言わないけど、たまに空を見て、ふーっと 考えることがあります。 それは、寒い冬より、ちょ...
武 者 返 し 古 戦 の 城 址 仏 法 僧 ( ぶっぽうそう )... 熊本城の石垣。 城に侵入しようとする敵の武者を、反り返った石垣で追い返してしまうことから、この名前が付いたと言われます。 加藤清正は石垣を得意とし、裾は緩やかな勾配のものが、上に行くにつれて垂直に近いものになる「武者返し」と呼ばれる工法をあちこちの城に用いているそうです。 明治の西南戦争では、この石...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください