十 六 夜 や レ コ ー ド の 針 浮 き 沈 み

いざよいや れこーどのはり うきしずみ

捨てられないレコードをほんとに何年ぶりにかけてみました。

どうなっているか心配でしたけれど、ビロードの埃取りで丹念にほこりをはらい、針を落としました。

よく見ると、平坦に溝をなぞっているように見えるけれど、微妙に浮き沈みがあることに今さらながら気づきました。

「木曽は山のなか」「各駅停車」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください