十二月 福子ひとり行く 溺れ溺れ

今年もあと半月。また一年が過ぎる。
迷うことはあまりなかった。
こうするしかない道をただただがむしゃらに
来ただけだったような一年。
来年も似たようなものだろうか。
小さな小さな息抜きを見つけながら、
行くしかない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください