初 御 籤 待 ち 人 来 た る わ け も な し

はつみくじ まちびときたる わけもなし

「待ち人きたる」

ウソばっかり。

天と地がひっくり返っても、わたしの待ち人は来ない。

この句も読まれています。

紫 陽 花 の 去 年 ( こぞ ) よ り 深 き 色 出 ( いで ) て... 紫陽花 / pika1935 特に肥料をやったわけでもないけれど、色の薄い額紫陽花、なんの変哲もない、平凡すぎる花だった。 隣に深い紫の丸い紫陽花を植えたした。 そちらは、今年の花は望めないよう。 わたしは、紫陽花が好きで、毎年挿し木を試みているが、素人で、知識がないため、ほんのニ、三例を除いて、...
世の中に 耳の大きな 狐おり 人はそれぞれ。 考え方もまちまち。 無用心にぽろっとしゃべる馬鹿がおり、 経営側にチクる、体制派がおり。
逝 き し 人 応 援 席 に 甲 子 園 いきしひと おうえんせきに こうしえん 夏の高校野球の県大会。 横顔ながら、あまりに似ている。 世の中に、似ている人はかならず居るとは言うものの。 帽子のかぶり方、取り方。 笑顔。 涙でよく見えない。...
忠霊塔 夏陽の影の 長く曳き(ひき) 夏は真っ盛りを過ぎ、暑さはそのままに、 季節は少しずつではあるが、移ろう。 忠霊塔の大きな石は、長い長い影を、 となりの中学校の校庭まで、引っ張られるように 精いっぱい伸ばしている。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください