初 御 籤 待 ち 人 来 た る わ け も な し

はつみくじ まちびときたる わけもなし

「待ち人きたる」

ウソばっかり。

天と地がひっくり返っても、わたしの待ち人は来ない。

この句も読まれています。

心 眼 を 開 く ど こ ろ か 目 借 り 時... 物事の本質を見極める。 人の言葉ではなくその奥にあるほんとうの気持ちに気づくことができるようになればすばらしいと思うのです。 そんなどころではない現状です。 日々の些末なことに追われて、見極めるどころか落ち込んだりぷんぷん怒ったり。 まことにしょうもない日々を送っています。 『蛙の目借り時』とは、春...
ネ ク タ イ は 黒 と 白 の み 桜 桃 ねくたいは くろとしろのみ さくらんぼ 年金生活になって、着る機会も無くなった通勤用のスーツを後生大事にとっておき、施設にまで、洋服ダンスごと持って行く人がいます。 区切り区切りでアタマを切り替えた方がいい。 そのためには見えるとこから変えるのが手っ取り早いとワタシは思うのですが。 切り替え...
向日葵の 見守る 炎天外仕事 とにかく暑い。しごとなら、熱中症がなどと言ってもいられない。 生きるために、其処此処で頑張るしかない。...
雪 ひ ら と 室 見 の や な に 降 り て 消 ゆ... 春の風物詩と言われて、室見川のやなにかかった白魚は、瞬く間に客に供されるのだろうか。 古来からの漁法といわれるやなに、春の雪が降ってはすぐに消える。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください