初 御 籤 待 ち 人 来 た る わ け も な し

はつみくじ まちびときたる わけもなし

「待ち人きたる」

ウソばっかり。

天と地がひっくり返っても、わたしの待ち人は来ない。

この句も読まれています。

新 入 り は 酌 も 知 ら ぬ と 冷 や し 酒... 新入りは しゃくもしらぬと ひやしざけ 新人は、まずあいさつをしながら酌をして回るものだと、定年越えの再雇用組。 あなた方の若い頃はそうだったのでしょう。 今はもう、そういう面倒くさいことはしなくてもいいのよ。 社員旅行だって、女子社員の評判が悪くて、取りやめるとこ多いでしょう。...
アンコウの 吊るし切りのよに 言い捨てる... 世の中には冷たい男が多い。 そんな言い方ないじゃないの。 そんなに嫌わなくてもいいじゃないの。
今 年 藁 俵 結 び て 息 を つ く DSC_0161 / Sig. 今年の米は、今年の藁で編んだ俵に詰める。その口は、今年の藁で、きゅっと締める。ようやく長い田仕事が終わる。代掻きから、田植え、真夏の草取り、台風、そして収穫。何かとハプニングの多い、外仕事であろう。この頃の日照りは、むかしの比ではない。苦労に報いる収益だろうか。来年も...
大 口 を 開 け て 目 薬 春 隣 D02_2653 / hisashi_0822 日差しが明るくなって、ときおり春の気配です。目薬さしは大仕事で、特に苦手なひとは悪戦苦闘です。時間と手間と、100年の恋も一度に冷めるようなお顔のわりには、ほとんど入ってないのが現状です。これから花粉症の季節です。あたしは、遠いむかし、電車の中で、女優...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください