初 帰 省 訛 り は 無 か り し こ と と し て

はつきせい なまりはなかりし こととして

ほんの数ヶ月前、東京の大学にやっとこさ合格し、おそるおそる旅立った。

はじめての夏休み。

生まれも育ちも東京といういでたち、言葉、生来の江戸っ子のような上から目線。

元気ならそれでいい。

この句も読まれています。

お は じ き の 欲 し ゅ う て 欲 し ゅ う て 放 生 会... おはじきの ほしゅうてほしゅうて ほうじょうや 筥崎宮の放生会。 わたしのこころの故郷。 放生会に売り出される、おはじきのかわいらしさと懐かしさ。 のどかで、素朴で、宝物にしたい。 夜明けから、もっと徹底した人は、前夜から並ぶらしい。 その気力、体力がないために、未だに手に入らないでいる。...
日 も 雨 も す べ て 許 せ り ミ モ ザ か な... ひもあめも すべてゆるせり みもざかな あの降り注ぐような黄色い花、ミモザの花です。 たいていは大樹といわれるまで育つようで、少し欧風めいた雰囲気とともに、多くの人に愛されているようです。 晴れてよし、雨もまた風情があってよし。...
寒 晴 れ や 精 進 と う に 相 撲 語 に... 頑張る、努力するなどとは言いますが、精進するとはふだんは遣わない言葉になってしまったように思います。 わずかに相撲界では、今も健在というところでしょうか。 古い映画を見て、遣われなくなった言葉にあうのも大きな楽しみです。 最近では、「せがれ」でしょうか。...
人 想 ふ 逃 げ 水 追 ふ て 懲 り も せ ず... ひとおもう にげみずおうて こりもせず 遠くに水たまりが見えるのに、近づくと何もない。 これは、地表の空気の温度差によって、光の屈折がおこり、実際にはないものがあるように見える現象だそうです。 蜃気楼のようなものでしょうか。 高速道路などで経験したようなあれでしょうか。 好きな人も同じこと...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください