初 帰 省 訛 り は 無 か り し こ と と し て

はつきせい なまりはなかりし こととして

ほんの数ヶ月前、東京の大学にやっとこさ合格し、おそるおそる旅立った。

はじめての夏休み。

生まれも育ちも東京といういでたち、言葉、生来の江戸っ子のような上から目線。

元気ならそれでいい。

この句も読まれています。

人 生に や り 直 し な ど 柘 榴 の 実 じんせいに やりなおしなど ざくろのみ 人生にやり直しなどきかないことは、誰もが知っているはずなのに、人にはウソばっかり言います。 いい加減ななぐさめや、テキトーな励ましなどいらないのに。 自分のあずかり知らぬところで、スタート地点からまちがった人間はどうすればいい? 修復に、気が遠くなるほ...
達 磨 さ ん 起 く こ と な ら ず 大 暑 か な... だるまさん おくことならず たいしょかな この暑さはなに? 「起き上がりコボシ」と呼ばれるオモチャでさえも、倒れたらそのままではなかろうかと思うほどの暑さ。 プールでも熱中症が当たり前に起きるらしい。 ツクツクボウシを待ちわびている。...
秋深し 豚足を焼く しみじみと h古い朝市通りの商店街に、豚足とホルモンの専門店を見つけた。茹でてある豚足に塩、コショウして、コンロの魚焼きのとこで焼く。焼き立てに一味唐辛子をふって、ふーふーしながら食べる。もちろんビールはぎんぎんに冷やしてある。油じゃなくて、コラーゲンであるから、美しくなることはあっても、太りはしないだろう。秋...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください