初 雁 や 朝 焼 け の 声 野 太 か り

秋は、渡り鳥の季節です。

雁や鶴や、他にもさまざまな小鳥たちが北の国から日本へ渡って来ます。

誰が教えたわけでもない、時の流れ。

人間は、渡り鳥を仰ぎながら、悠久の時の巡りを目の当たりにし、

自分たちも、その時の流れのなかで暮らしていることを実感します。

雁は、美しくもない、大きな声で鳴きます。

冷ややかな秋晴れ、気象のことはわからないけれど、大陸の高気圧から、日本上空に流れ込む風に乗って、初雁は渡って来ると聞きます。x

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください