出 水 ま た む か し の 谷 を 思 ひ 出 し

でみずまた むかしのたにを おもいだし

山を削り、谷を埋めて造成した土地。

素人目には、ただの台地だけれど、いざ大水となると、山は以前の形を忘れてはおらず、流れは一瞬の迷いもなく、土石流となり流れ来るのです。

そして砂防ダムが作られ、護岸工事が進み大きな土木工事が行われ、翌年の梅雨明けの頃、まるでそんなことなかったとでも言うように土砂が流れます。

水やましてや土砂は、わずかな傾斜を容赦なくとぐろを巻きながら下ります。

舗装された道路はめくれ上がり、細い細い道でさえ渡れないのです。

勝ち目がないのかもしれないと思ってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください