冴 返 る 多 く は 時 の 解 決 し

さえかえる おおくはときの かいけつし

このぶんでは、いっきに春に向かうかと思わせておいて、

また冬に舞い戻るような経験をします。

春先によくある現象です。

冴え返るなどと言われます。

しんどいことも、もうどうしようもないと落ち込むことも、

たいていは、長い長い時間をかけて、目に見えないくらい少しずつ少しずつ

変わっていくような気がします。

サイコーと浮かれているときには、すでに沈没の芽が、地中奥深く育っており、

もう終わりかと、力を落としているあいだ、遠い遠い先の方で、復活の小人たちが、小さな力をあわせて、出発の準備に追われているような、そんな気がすることが、あります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください