冬の暮れ 屋根重なりて 湯の町の

冬の夕暮れ、温泉の街の、あちこちから
湯煙があがっているのは、みているだけで
温まるような気がします。
ひなびた街は、黒い屋根の古い民家ばかりで、
新しいものは、何もない。
日が暮れる少し前の、いつもの風景。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください