冬 ざ れ の 八 幡 第 一 高 炉 に 火

ふゆざれの やはただいいち こうろにひ 

官営八幡製鉄所。

日清戦争後、重工業強化策より、現北九州市に建設。

中国湖北省の鉄鋼を原料とし、日清戦争の賠償金などをもとに、巨大化していく。

時代を経て、合併を繰り返し、社名も変わり、今、「明治 日本の産業革命遺産」として、世界遺産の文化遺産に登録された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください