天 近 し 雪 の 脊 振 の 一 家 言

てんちかし ゆきのせふりの いっかげん

とても遠いのですが、脊振山という山がそびえています。

とても高いので、どの山より早く冠雪します。

慌てるな。

成るように成る。

成るようにしかならない。

そんなときも、おろおろしたって、なんにもならない。

そんなことを言われているような気がするのです。

わたしの母もばあちゃんも、精一杯の努力をしたけれど、その方向性が間違っていたこともあって、決していい人生じゃなかった。

わたしはまちがいたくないのです。

それで不幸ならあきらめもつくというものです。

山は何も語らないけれど、ゆっくり考えろと言っているような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください