入 院 が 病 人 の 貌 彫 る 秋 日

にゅういんが びょうにんのかお ほるあきび

いつも不思議だなぁと感じることがあります。

ほぼ元気に見える人が、入院し、むかしは、それが長期に渡ることけっこうあって、二、三ヶ月はざらだった時代が長く続きました。

日に当たらないせいもあって、顔は色白を通り越して、青白くなり、痩せると、ひとまわり小さくなり、点滴の針を刺す血管ばかりが目に付くようになって、それは確かに病気の進行のせいが、いちばん大きいのだろうけれど、あまりの変わりように、一瞬息を呑むことがありました。

みんな今なら治ったんじゃないだろうか。

少なくとも、もう少し快適に、もう少し長く生きられたんじゃないだろうか。

わからないけれど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください