待 ち 人 や マ フ ラ ー 巻 い た り 外 し た り

まちびとや マフラーまいたり はずしたり

人を待つ時間が好きです。

必ず来るとわかっていればですが。

喫茶店より、今では少なくなった商店街の本屋や、CDショップ、もっと好きなのは駅や橋など。

こう寒くなってはむずかしいのですが、気候のいいときには、少しくらい長く待つのも苦になりません。

風が吹いたり、少し寒かったりで、コートや大判のスカーフは着たり脱いだりしながら。

この句も読まれています。

肉 親 の 情 の 濃 過 ぎ し 暑 過 ぎ し... にくしんの じょうのこすぎし あつすぎし 認知症の診断を受けに来た、母親と、もういい年の息子。 問診票にあれこれと大声で相談しながら、チェックしている。 しばらく聞けば、間違いなく症状が進みつつあるのは、他人なら誰にでもわかるレベルなのに、本人はともかく、 肉親であるムスコが、そのことをあまり...
ア マ リ リ ス 大 口 叩 く 嘘 は 言 う... あまりりす おおぐちたたく うそはいう いろんな新しい品種もあるようですが、昔ながらのアマリリスは、赤一色。 口裂けオンナのように大きく開いた口に見えてしょうがありません。 「ここだけの話」というフレーズが大好きで、そのくせあちこちで触れ回るタチの悪いオンナの口に見えてしまうのはわたしだけでし...
母 子 草 名 前 の ゆ え に 引 き 抜 か れ... 母の日参観 / yamakazz つまらない話ですが、あたしは親に恵まれていません。 生みの母に5歳で生き別れ、24歳の継母に虐待を受けて育ったいやらしい育ちです。 新聞の投稿欄も、「母」とあれば詠む気がせず、母を唄った歌は聴く気がせず、 なんともおそまつな話です。...
冬もみぢ 昇開橋を 遠く見て 福岡県大川市筑後川にかかる昇開橋。 船が川を通るときは、橋が上がる。 赤い素敵な橋。 大昔からあったらしい。エツ料理を食べに行ったとき見つけて、 とりこになった。 元気なとき、時間のあるときに見に行く。 筑後川は果てしなく大きく、こっちの岸から見ると、 手前の冬もみぢの向こうに橋が写って、秋を満喫で...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください