待 ち 人 や マ フ ラ ー 巻 い た り 外 し た り

まちびとや マフラーまいたり はずしたり

人を待つ時間が好きです。

必ず来るとわかっていればですが。

喫茶店より、今では少なくなった商店街の本屋や、CDショップ、もっと好きなのは駅や橋など。

こう寒くなってはむずかしいのですが、気候のいいときには、少しくらい長く待つのも苦になりません。

風が吹いたり、少し寒かったりで、コートや大判のスカーフは着たり脱いだりしながら。

この句も読まれています。

原 爆 忌 そ の 寸 前 の 普 通 の 日 げんばくき そのすんぜんの ふつうのひ ヒロシマ、そして長崎。 8月6日、9日のその瞬間まで、戦時中とはいえ日常の生活が営まれていたはず。 弁当を持たせ、行ってきますと言い、学校や徴用された工場へ当たり前に出かけ、当たり前に送り出し。 いたずらか、運命か、多くの人が亡くなるなか、いのちを得た人もい...
朧 月 立 坑 跡 に 乗 り か か り おぼろづき たてこうあとに のりかかり 大牟田市近代化産業遺産、宮原坑立て坑跡。 はじめは官営三池炭坑として、その後三井に払い下げられ、日本の産業を牽引したとされています。 現在残る廃虚のような立て坑は、石炭産業の華やかなりし頃の面影は薄いものの、春の朧の月を載せ、穏やかにそこにあります。 その後...
新着の 求人はなし 秋紅葉 ハローワークにもすっかり慣れて、新着だけ見れば充分となりました。ほんの二分? iPhoneからの投稿
梵 鐘 は 音 叉 の 如 く 秋 惜 し む ぼんしょうは おんさのごとく あきおしむ 一年中、早朝に聞こえているはずの梵鐘が、秋の澄んだ大気の中では、ことのほか鮮明に響くような気がします。 気のせいでしょうか。 まるで音叉を叩いたように、ウアンウアンと弾みのある強弱が聴き取れるような気がします。 前のめりに冬に向かうようで、もったいな...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください