人の世は 水割りの氷 春の宵

水割りの氷もそう。あるところまでは、そのまま溶けるが、くるっとひっくり返るところがある。それがいつかわからない。
 

この句も読まれています。

盆 唄 の 上 が り 下 が り を 来 し 方 に... ぼんうたの あがりさがりを こしかたに 田舎の盆踊りほど、伝統そのもので、盆唄は難しいと言われます。 向こうの世界から帰り来る先祖の霊を慰め、これを送るために、こちらの世の者が、集って唄い、また踊ります。 盆踊りです。 地域によって、歌う唄も振りも異なるとのことです。 土地の歴史や、ときには武勇伝...
大 花 火 消 え ぬ 一 滴 湖 面 ま で おおはなび きえぬいってき こめんまで どんなに大きな打ち上げ花火でも、それなりの距離上がるので、火の粉が地面まで届くことはありません。 ただ場所が湖の浮島だからでしょうか。 最後の最後の火の一滴が、湖面に届いたように見えたのです。 錯覚かもしれません。 大花火は、夜空に、そして湖にくっきりと映...
豆 腐 屋 の お か ら は ど う ぞ 夏 の 風... とうふやの おからはどうぞ なつのかぜ ダム湖のそばの豆腐屋では、「おからはご自由にお持ち帰りください」と 張り紙があり、人気上々です。 豆腐の残りかすとはいえ、栄養価は高いと聞きます。 人参や油揚げや、ひじきなど、冷蔵庫の残り物も入れて、おからに出汁を入れるのではなく、出汁におからを入れて和えま...
待 つ こ と が 修 行 と い うて ち ろ ろ 虫... Autumn of forest / "KIUKO" せっかちだから、待つことが苦手。 それが原因で、幸せを逃すという より、不幸を招いた人生だったと 思うのです。ここでいっとき、一 言言うて、またいっとき。待つこ とは大切。世の中は、あたしのペ ースで動いてはいない。相手のリ ズムを思うこと、そ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください