人の世は 水割りの氷 春の宵

水割りの氷もそう。あるところまでは、そのまま溶けるが、くるっとひっくり返るところがある。それがいつかわからない。
 

この句も読まれています。

肺臓に 頭の芯に 秋の夜気 毛布を着て、窓は開けて寝ている。秋の夜の澄んだ空気が部屋いっぱいに充満するのが好き。息を吸うのも秋、身体のすみずみまで秋。...
兵 馬 俑 誰 も 彼 も は 花 の 屑 あまり欲をかかぬことでしょうか。 死んだ先のことなど考えぬこと。 きっと思うようにはいかないし、貴方が死んだとて、さして困ることもなし。 秦の始皇帝って、アタマのいい、実行力のある人物だったと。 広大な中国を、文字と計りを統一して治めたとのこと。 喋ってもわからないけれど、書けばおんなじってことでし...
埋 み 火 ( うずみび ) の め ら と 炎 を 隠 し 持 つ... とうに自分の中では気づいているいろんな想いを 今は見ないふりをしている。 人間というものは、瞬時にあらゆることを頭に描くものだとしみじみ思う。 考え方には、人それぞれクセがあるようで、わたしは、自分が傷つかないように、用心用心して、足を踏み出すようにしている。 それでもなお驚くような番狂わせはあるも...
鞦 韆 の 鎖 の 熱 や 更 け て な お しゅうせんの くさりのねつや ふけてなお しゅうせん、ブランコの俳句言葉です。 一日中猛暑に灼かれ、持ち手のクサリはさわれないほどです。 夜になり、少しは過ごしやすくなり、ゴミ出しのついでに、ちょっと腰掛けてみると、満天の星。 クサリはさわれないほどではないけれど、まだかなり熱をもっています...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください