亡 き 父 の ハ ン チ ン グ 行 く 大 枯 野

なきちちの はんちんぐゆく おおかれの

ワタシの父は、帽子が好きでした。

別にハゲているわけではなかったのですが。

55才で逝ったものですから、老いた姿が浮かびません。

福岡市の近郊には、まだ田んぼも竹やぶも、すすき原もところどころながら残っていて、用事で出向いたマンションの高層階で、ピンポンを押して待っている間、下に広がるススキの草原を見るともなく見ていると、父の愛用のあの帽子が、一瞬ではありますが、見えたのです。

姿も顔も、ススキの中に隠れて、帽子だけでしたが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください