力 加 減 植 田 に 苗 の 束 を 投 げ

ちからかげん うえたになえの たばをなげ

田植え機の無かった時代、苗は、ワラで結んで束にしてあり、

それを離れたところから、田に投げ込んでいたものです。

何人もの早乙女が、横一直線に並び、

苗は、糸を引いたようにほぼ正確に、植え付けられたと記憶します。

昼餉を用意するのも、一苦労で、大きなアルミの炊き出し用のヤカンに、

麦茶を沸かし、冷まし、

手軽に食べられるオニギリやら、オカズの数々を、手間をかけて作ったものとおもいます。

その辺は、ワタシも小さかったので、記憶には残っていません。

ただ野菜を大量に洗ったり、仕事を終えた農具を洗ったりで、井戸が活躍していたことが、印象に残っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください