寝 仏 の ご と く 側 溝 三 尺 寝

ねぼとけの ごとくそっこう さんじゃくね

大工、左官など外で働く人の昼寝のことです。

三尺ほどのところで寝るからとか、三尺ほどの陽が動くあいだだけの昼寝だからとか言われます。

暑い最中の作業は、体力を消耗するものですから、少し横になることは大切と思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください