バ ラ ッ ク の 闇 市 通 り 冬 大 火

ばらっくの やみいちとおり ふゆたいか

終戦直後に、建てられたという、小倉の旦過市場。

その後、何度も手直しされたでしょう。

消防署の指導もあったでしょう。

それでも隣り同士が、壁一枚で、ずらりと並んでいることには変わりなく、地域の風物詩のひとつにあげられ、守られてきたはずなのに。

小倉名物に「ぬかみそ炊き」というのがあって、

イワシやサバ、青魚を、ぬかみそに漬け込んだもので、ヌカのビタミンと、青魚の栄養があいまって、

立派なおかずになるものです。

ただ色が茶色で、見た目には、薄きたなく見えることから、幼い頃から食べ慣れた人にしか、愛好者がいないようで、

アタシみたいなのは、物好きといった感じです。

これも旦過市場で、恐る恐る買ったのが、はじめです。

二度続いた大火事で、もうそのサマは、大きく変わるでしょう。

残念です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください