ネ ル 解 く( ほどく ) 小 さ な 埃 ( ほこり ) 風 信 子 ( ヒヤシンス )

ひと昔前まで、「ネル」という布地はしごく一般的で、大人も子どもも冬のパジャマ (当時は寝巻きと言っていた) には必ずと言っていいほど、この布が使われていました。
少し厚みがあって、肌馴染みがよく、着ればそれだけで暖かい気がしたものです。
何故か今では珍しい物になってしまって、洋裁のクラスでは、「ネルだ」と言ってみんなが集まって触った。
布地も時代によって流行りがあり、むかしと同じものをと思っても手に入れることは難しいことが多い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください