ゼロの焦点

中谷美紀がすばらしかった。終戦直後の混乱の日本にパンパンと呼ばれる、売春婦が大勢いたころの話。
知られたくない過去を持つ人間の心中を描ききった作品。水上勉の《飢餓海峡》を思い出した。いい作品である。
オススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください