カ ン ナ 咲 く 大 学 裏 門 鉄 の 柵

かんなさく だいがくうらもん てつのさく

大きな派手な花なのに、こんなに無視される花も珍しいのではなかろうか。

カンナを嫌う人は大勢いて、大事にされることもなく。

たとえば踏み切りの横とか、門の開け閉めの邪魔にならない、だれも見ないところとか、生活道路の、階段の登り始めの横だとか、そんなところで見かけます。

大きな葉は、たいていは破れていて、毒々しいほど赤い花や黄色い花は、やたら強くて、愛想も色気もないし。

いつ咲いて、いつ散ったか、だれも知らないし。

書いているうちに、なんか自分のことのような気がしてきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください