ま ん ま る に 少 し 足 ら ず の 芋 名 月

まんまるに すこしたらずの いもめいげつ

おおむかし、日本でも里芋を主な食料としていた時代があったそうな。

南洋ではタロイモ、日本では里芋。

「 中秋の名月 」を芋名月ともいうのは、その名残りらしい。

中秋の名月は、必ずしも満月とはかぎらないとのこと。

そもそも旧暦の、八月十五日の月ですが、満月はしばしばこれより一日か、ときには二日遅れることもあるといいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください