ぼ た 山 に 若 木 芽 を ふ く 日 の 来 た る

ぼたやまに わかぎめをふく ひのきたる

石炭産業が衰退して、長い年月が経ちました。

旧産炭地の沈滞は激しく、行政は石炭六法などをつくり、膨大な費用と年月をかけて、復興に力を入れたと聞きます。

年月が経ち、環境汚染物質の溜まり場だった洞海湾は、かなりきれいになったとか、石炭の積み出し港だった若松の黒い海もしかり。

炭住は取り壊され、お菓子の生産が活発となり、大学が誘致され、ちょっと見た目には、むかしは消え去ったように写ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください