ひ た 隠 す 寂 し さ 漏 ら す 月 の 雨

ひたかくす さびしさもらす つきのあめ

月なんか見なきゃよかったのに。

やさしいものを見ると、押し殺していた寂しさは噴き出す。

それでなくとも秋は人恋しい。

この句も読まれています。

黄 落 を 誘 ふ か 和 太 鼓 少 し 鎮 ま れ... 老人ホームにボランティアの和太鼓のクラブ。 秋の高い空、澄んだ空気、その一日を身内ではないお年寄りのために楽器の演奏。 太鼓は思いのほか体力が必要とされ、腕力はもとより、腹筋、脚力日頃の鍛錬のたまものだろう。 施設の玄関前に椅子を並べ、当然車椅子のためのスペースもあり、太鼓をいくつもセットして、準備...
大 夕 焼 け 虫 取 り 網 も 負 ぶ は れ て... おおゆやけ むしとりあみも おぶわれて 夏の夕暮れ、見渡す限り空いっぱいに、見事な夕焼けです。 一日精いっぱい遊んだのでしょう。 幼い男の子が、虫取り網を握りしめたまま、お父さんにおんぶされて、家路に着くところです。 いい夏休みです。...
亡 い 人 も 集 う て お り ぬ 鍋 の 湯 気... モツモツもつ鍋! / hirotomo 知らなかった、長いこと。 あの子がずっとむかしに 死んでいたと。今日聞いた。 どうしたことか。なにが そんなに辛かったのかと。 この鍋を囲みなさい。貴方 のことを話している。みん な心配している。...
時 計 草 こ こ か ら 始 め る 今 日 は 秋... 時計草 by FinePixF100fd / aki.kajitani なんとも律儀な時計草。 文字盤まである。針もある。 夏の終わりにネジを巻く。 此処から始める。 ヤケのヤンぱちになると、 人生はいつからでも始められる らしい。そんなこと、あるわけ ないけど、とりあえず、今年の 秋を始めんとす...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください