ひ た 隠 す 寂 し さ 漏 ら す 月 の 雨

ひたかくす さびしさもらす つきのあめ

月なんか見なきゃよかったのに。

やさしいものを見ると、押し殺していた寂しさは噴き出す。

それでなくとも秋は人恋しい。

この句も読まれています。

ふ ら こ こ の 鉄 の 鎖 の 錆 匂 ひ ふらここの てつのくさりの さびにおい ふらここは、ブランコのことです。 俳句を習うようになって知りました。 むかしのブランコは、座る処は木で出来ていて、鎖は鉄製。 握れば褐色のサビが手に付き、サビの匂いまで移ったものです。 高く漕ぎすぎると、鎖がたわみ、それが怖くて、思いっきり漕げませんでした...
田中慎弥の掌劇場 「書いている、読んでいる」毎日新聞8月9日 (日) 12面掲載... わたしは何故か、このひねくれた作家の、ひねくれた心根で書かれた、ひねくれた文体による、ひねくれた文章に惹かれる。 好きで堪らない。 この人、何とは無しに書いているようで、結局苦労づくめの人生だと、わたしは思っている。 何冊か、他人事のように書かれた著書は、おそらく本人の自伝であろうし、今回の自殺に関...
異 母 妹 に だ け の 西 瓜 や は し ゃ ぎ 声... あんな想いは、子どもの心をとてつもなく傷つける。 子どもはそれを人に言ったりしない。 長い長い年月が経っても、あの胸の重苦しさは忘れようがない。 あいつはすっかり忘れている。 そんなものだろう。 運命というものなのだろう。...
お 終 ま ひ に 松 を 残 し て 剪 定 屋... cultured garden / spinster cardigan 庭木の剪定の作業が、朝から 続く。垣根も、紅葉も、椿か ら紫陽花まですべて切り終え た。弁当も食べた。それから やおら松に取りかかる。ペッ ペッと手のひらに唾を吐く勢 いである。秋の空は高い。町 中のあちこちで、剪定作業の 真っ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください