ひとときの 桜(はな)悠久の 花散らむ

今年の桜には驚いた。いつもなら
桜前線というものができ、三分咲
き、五分咲きと、開花状況と場所
が、新聞の天気予報欄に掲載され
るのに、今年は標本木に咲いたと
聞いて、2日で満開。そのあと、
激しい春の雨で一気に散ってしま
いそう。ただ咲いた桜は、薄いピ
ンクというより、ほとんど白に近
くて、「ああ咲いた」と確認でき
れば、気がすむような、不思議な
力があって、満開を確認しなくて
も、散る姿を見なくても、納得で
きるというか、力が出るような気
がしている。散り際の潔さが、魅
力なのか。もうちょっと粘っても
良さそうな気はするけれど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください