な な か ま ど 出 棺 荒 野 に 出 す ご と し

ななかまど しゅっかんあれのに だすごとし

ななかまど。

7〜10mにも育つ大樹で、紅葉がみごとなうえ、赤い実をつけ、それが鳥たちの格好の餌になるそうです。

ななかまどの、名前の由来は、七度窯に入れても燃えないからだとか。

急な死で、救急車も間に合わなかったと。

いちばん驚いているのは本人ではなかろうか。

思いの残る現世から、うまく旅立つことができようか。

親の悲しみはいかばかりか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください