そ の ま ま に 残 り し 隘 路 蕗 の 花

そのままに のこりしあいろ ふきのはな

四歳か五歳のころ、唯一の遊び場だった神社に行く近道が、先日偶然通りかかったら、昔のまま時代に取り残されていた。

丸い葉が重なり、黄色い素朴な花が咲いている。

いちめん枯野で、ほっこりする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください