ず ぶ 濡 れ の 防 空 頭 巾 泳 ぎ 来 る

ずぶぬれの ぼうくうずきん およぎくる

1950年頃、三重県橋北(きょうほく) 中学校で、水泳訓練をしていた、100名ほどの生徒のうち、36名が溺死するという事件があったと。

事件は、裁判となり、いろいろな原因が取り沙汰されたけれど、

特殊な波が来たという、足の下の砂がずるずる無くなったという、生き残った生徒の証言を、専門家が、ああだこうだと、持論を展開するに終わったらしい。

今この浜は、遊泳禁止ではないけれど、

泳ぐ人はいないという。

溺死者の数が数だけに、

いろんなうわさがたち、ずぶ濡れの防空頭巾を被った、若い女性の集団を見たとか、まことしやかに伝えられたと聞く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください