し み じ み と め ら と 籾 殻 胸 焦 が す

しみじみと めらともみがら むねこがす

ワラやもみがらを燃やす匂いは、心を落ち着かす。

懐かしさまでオマケに付けて。

どこまでも平野、遠くに有明海。

閉め切ったはずの電車の中に、その懐かしい匂いが、してきたときは、思わずどこだろうと立ち上がったことがあります。

空は低く、海は鈍色です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください