か ね 尺 の 唸 り て 戻 る 炎 昼 や

かねじゃくの うなりてもどる えんちゅうや

金属でできていて、手を離せば、ものすごい勢いで丸いケースに収納されるかね尺があります。

誰が、いつなんのために購入したものか。

先が角に引っ掛けられるような形状です。

もちろん洋裁、和裁では、こんな恐ろしいものは使いません。

白線をまっすぐ引くために、目じるしとして、地面に置くものでもありません。

古いのだけれど、小さくて気に入っている桐の箪笥の小引き出しの奥から、五つ玉のそろばんといっしょに出てきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください