お と な し く 流 灯 に 乗 り 黄 泉 へ な ど

おとなしく りゅうとうにのり よみへなど

あの人懐っこいいたずら好きが、しきたりにのっとって黄泉の世界へ帰るとは思えないのです。

もうちょっともうちょっとと、未練がましく長逗留してるんじゃないかなどと思うのです。

逢いたい。

この句も読まれています。

青嵐(せいらん)や 戯れ(たわむれ)回す 風見鶏(かざみどり)... 風見鶏 / kaidouminato 清々しい風が若葉の樹々を渡る。もう使われなくなった教会は、風見鶏はそのままに引っ越した。伸び放題の草も樹も、ついでに風見鶏にも新しい風が吹き抜ける。五月が来た。...
嘘 つ か ば ひ と つ ひ と つ に 亀 の 鳴 く... うそつかば ひとつひとつに かめのなく 面倒だから、そこまで話すこともないからなどなどの理由で、小さな、どうでもいいウソをつくことがあります。 取るに足らないことながら、「あ、ウソついた」 と思います。 ひとつの嘘は、たとえそれが小さくとも、次のウソをつかざるを得ないこともあり、またムダな記憶力を...
我などを 慕う人あり ちまきもて こんな私でも、元気にしてますかといってくれる、前の仕事の後輩が一人いる。 料理がうまく、中華ちまき作ってくれた。 意外なこと。 この人は一生の友達と思っていた人からは、なんの連絡もない。 同性ならこっちが好きなくらい、相手からも好かれていると自信があったのに。 意外と私は嫌われていたのだろう。 おめ...
祈りつつ 挿し木の紫陽花 水をやる... 紫陽花が好きです。 梅雨の雨に濡れるあじさいを見ると、ちょっとだけ幸せを感じます。 梅雨になると、毎日、職場から花瓶のあじさいを、一本ずつこっそり持って帰って、植木鉢に 挿し木するのです。 丸いのや、四角いの、水色や紫色、なんでも混ぜてさすのです。 なかなかうまくいかなくて、毎年ちょっとしか咲きませ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください