お と な し く 流 灯 に 乗 り 黄 泉 へ な ど

おとなしく りゅうとうにのり よみへなど

あの人懐っこいいたずら好きが、しきたりにのっとって黄泉の世界へ帰るとは思えないのです。

もうちょっともうちょっとと、未練がましく長逗留してるんじゃないかなどと思うのです。

逢いたい。

この句も読まれています。

か ら た ち の 花 い つ ま で も 棘 の 中... からたちの はないつまでも とげのなか バラなどとは比較にならない、強くて大きくて烈しいトゲです。 むかしは生垣に使われていたらしいのですが、あまりのトゲの激しさに、しだいに遠ざけられたものと想像します。 白い五弁のきれいな花、食用にはなりませんが黄色のかわいい実をつけます。 しかしなんせト...
稲光 街にしびれが 走り出る わたしは、夕立や雷が好きです。 雨が勢いよく降りこむので、走り回って窓を閉めます。 街路樹や人がわざわざ水をやらない木や草が喜ぶと思うのです。...
沈 下 橋 つ つ つ と 下 り て 浅 き 春... 沈下橋とは、概ね河川敷と同じくらいの高さに作ってあり、ふつうの状態では橋として使えるものの、増水時には水面下に沈んでしまう橋のことです。 低い位置に作るので、廉価で早くできるというメリットがありますが、増水時には橋として機能しなくなるという欠点を併せ持ちます。 橋の両岸で高低差があるときは、一方が通...
木の芽和え 山椒は叩いて 載せにけり... ぬたと若い筍の味噌和え、上に一枚山椒の葉を 載せます。 手のひらで挟むようにして、パンと叩いて載せると よく香るという。 絶品の酒の肴。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください