お と な し く 流 灯 に 乗 り 黄 泉 へ な ど

おとなしく りゅうとうにのり よみへなど

あの人懐っこいいたずら好きが、しきたりにのっとって黄泉の世界へ帰るとは思えないのです。

もうちょっともうちょっとと、未練がましく長逗留してるんじゃないかなどと思うのです。

逢いたい。

この句も読まれています。

蟇 穴 を 出 づ 時 差 ぼ け の 惚 け 貌... ひきあなを いずじさぼけの ほうけがお ヒキガエルは、短い足、幅広いアタマをもつ大型のカエルです。 眼の後ろには発達した耳腺があり、有毒物質を分泌するとのこと。 また、皮膚や背中に散在する多数のイボにも毒腺をもちます。 ほぼ全国のヤブや林に生息し、ガマ、ヒキとも言われます。 体温を外気温と...
月 夜 に は 守 宮 (やもり) の 腹 の 白 か ろ う... やもりが虫を狙っている。 白い腹をこちらに向けて。 近頃はとんと見なくなって、懐かしい映像のよう。 梅雨の半ばのひと休み。...
竹 の 秋 一 脈 の 風 逃 す ま じ たけのあき いちみゃくのかぜ のがすまじ 春は竹にとっては秋にあたるといいます。 筍がアタマを出す頃、激しく葉が落ちるのです。 孟宗竹の林は昼間も影が多く、下では吹いてない風を捉えます。 竹の擦れ合う音は涼しげで、下で憩う者を和ませます。...
紅 梅 や 男 追 ふ ご と 咲 き 急 ぎ こうばいや おとこおうごと さきいそぎ 梅はまず白が咲きます。 何処の梅でもそうです。 古来から決まっているので、今年は紅が先だったなんてことはありません。 まるで、自分にはチラとも心のないオトコを追いかける若いムスメのように見えたりもします。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください