え つ 漁 の 小 舟 一 艘 迎 へ 梅 雨

えつりょうの こぶねいっそう むかえづゆ

えつは、片口鰯科の小骨の多いサカナで、筑後川だけに生育するといわれます。

ちょうど梅雨の時期に重なり、曇天の筑後川に、エツを採る舟が行き来します。

船頭のアタマに雨よけの笠が乗ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください