い の こ づ ち ヒ ー ト テ ッ ク に 馴 染 め ず に

いのこづち ヒートテックに なじめずに

むかしの子どもたちは、みんなセーターを着ていました。

秋の遠足は、山登り、草スキーなど、それもかなり遠方まで歩かせられたものです。

田舎道は舗装もしてなくて、道は狭く街路樹といったものも整備されておらず、道の両側は、秋の雑草が生い茂っておりました。

当然イノコヅチやその他、服にくっ付いて運ばれる種類の雑草を

いっぱい付けて帰ったものです。

なかなかしつこくて、取るのも一苦労でした。

今、人々は、毛糸のセーターを着ることが減りました。

軽くて、ちくちくしない快適な衣類が一般的になったからです。

秋風が吹き出して、むかしのことを思い出した次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください