川 波 が す じ 雲 に な る 多 々 良 橋

かわなみが すじぐもになる たたらばし

俳句では、小さな地方都市の地名、有名じゃない山や川の名前などを使うと、ご近所さんには理解してもらえても、全国区では、何のことやらわからない、通用しないと指導を受けます。

それでもいいのです。

多々良橋と、筥崎宮はわたしにとっては聖地と言ってもいいところです。

ごとごと揺れる市内電車と、人ひとりがどうにか立てる幅の電停があれば、もっともっと良かったのですが。

多々良川に架かる多々良橋は、大きくてとても立派です。

欄干もそれを支える四つの柱も。

照明も当時としては、上等だったのだろうと想像できるものです。

夕暮れ時はとくに素敵です。

見飽きることのない風景です。

河岸ギリギリまで、マンションが建ち並んでいるのが、気に食わないといえばそうなのですが。