能 面 に 見 透 か さ れ お り 朧 の 夜

のうめんに みすかされおり おぼろのよ

人間の心には、有る事無い事、あるはずもない不良めいたこと、何やかや浮かんでは消えるもの。

能面というのは、単純な貌ながら、眉は無いし、へんに笑顔で薄気味の悪いものです。

覗かれたくないものを見抜くような、不思議なものを感じます。