紫 雲 英 田 に あ っ と 立 ち ま す 車 窓 に 手

げんげだに あっとたちます しゃそうにて

むかしは当たり前に広がっていたレンゲ畑。

見てもきれいで、女の子の大好きな遊び場で、花の冠など作ったものです。

最後は鋤き返して肥料にしていたそうですが、手ごろな肥料が開発されてからは、一気に消滅してしまいました。

全滅ではなく、ごくたまに、期待してないのに、車窓から一瞬見えることがあって、思わず立ち上がって、両手を窓ガラスに、ヤモリのようにくっつけて振り返って見ます。